国民病の保険 | がんを患っても入れる保険を探して安心を得ましょう

がんを患っても入れる保険を探して安心を得ましょう

老人の手

国民病の保険

がんは日本人に多い病気です。日本で年間30万人以上ががんでなくなっています。3人に1人が、がんによって命を失っています。
男性であれば二人に1人、女性が3人に1人の確率で発症するため、国民病とも言われています。近年最も多いのが大腸に起きるがんです。
大腸は様々な細菌がいます。その中には腫瘍の原因となる悪玉菌も存在しています。悪玉菌は肉中心の生活をしていることで増殖してしまいます。
肉を食する文化は日本にはありませんでしたが、欧米によって日本にも肉中心の食文化が浸透し、大腸に悪性腫瘍発生することが急増しました。
これまでは、胃に悪性腫瘍が出来る事が多い傾向にありました。日本人は、漬物や味噌といった保存食をよく食していました。
塩分が多いこのような保存食を多く食べることによって胃が傷つき、悪性の腫瘍が発生してしまうのです。

がんが治癒した場合は、また再発の危険性があります。常に再発の恐怖と戦わなければなりません。
このような状態でも入れる保険があれば、精神的に大きな支えとなります。しかし、一度がんを発症すると入れる保険が非常に少なくなります。
しかし、条件次第ではがんをわずらった経験があっても入れる保険があります。保険会社にもよりますが、がんの手術を受けてから〜年以降経過しているといった条件があります。
将来の安心を手に入れて、毎日をいきいきと過ごすためにも、自分でも入れる保険があるかどうかを探してみましょう。